日本エコシティ株式会社

PKS(パーム椰子殻)

Palm Kernel Shellの略称。

パーム椰子の殻の部分で、パーム油を生産する過程で発生する農作物残さ廃棄物。水分含量が少なく発熱量が高いことから、近年バイオマスエネルギーとして注目されている。主にインドネシアやマレーシアなどの東南アジアから輸入されている。

 

PKSは、パーム椰子から油を抽出する過程で発生する木質残渣です。 東南アジアにおけるパーム油の増産に伴い、PKSの廃棄物処理が 問題となっておりました。 PKSは油分を含むため、一般的な木材よりも熱量が高く、 成長する過程でCO2を吸収しているため燃やしてもCO2の排出増加に 寄与しない、「カーボンニュートラル」な燃料です。 近年は産出地である、インドネシアやマレーシアでもPKSは 発電用に利用されており、同じように日本でも新規バイオマス燃料として 導入していきます。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。04-7146-0366受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください

PKS購入における、3つの重要なポイントは!

1.長期間の安定供給が出来る事。

  信頼のおける現地企業との提携

2.輸入だけでなく、工場納品までのサポートが出来る事。

  ( トータルサポートが出来る事が、最も重要! )

3.トータルコストが安定価格(安価で長期間)で購入出来る事。

  トータルコスト= PKS + 船舶輸送 + 港内荷役 + 陸送